ATMとプロミスカード

ATMとプロミスカード

ATMとプロミスカード

プロミスでは自社のATMだけでなく、提携ATMを利用しての借入れできます。自社ATMは全国に多数設置されています。また、提携ATMの種類も豊富で、近くにコンビニがあれば困ることはありません。 さらに、自社ATMと三井住友銀行のATMを利用すると、手数料は無料です。提携ATMによっては、108円〜216円の手数料がかかることがあります。 ATMを利用した際でも、借り入れは限度額内なら繰り返し、利用することができます。返済の際も、毎月カードを使って提携ATMで随時行うことができます。借りるにしても返すにしてもプロミスのカードは便利なのですが、提携ATMの手数料の負担は繰り返し使えば大きくなります。提携ATMを利用をする際には手数料をよく確認をしておかないと思わぬ出費となりかねません。 しかし、じつは、プロミスカードをATMで使う際、1万円を境にして手数料の負担額が変わります。1万円以下は108円、1万円を超える利用額となると216円の負担となります。1万円ぴったりまでであれば108円で、1万円を1円でも超えると216円となります。 そして、借り入れも返済のどちらを利用しても手数料はかかります。 ATMで使えるプロミスのカードは便利なのですが、手数料の負担は無駄な出費ですので、利用の際には十分に注意する必要があります。 手数料をかけずにカードを使うなら、インターネットでの振り込み融資などを利用すれば手数料はかかりません。しかし、その場で利用が出来るプロミスのカードには、その場で利用できる利便性に優れているため、手数料をかけずにカードを利用する方法があれば、それを優先させたいものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ